Home » 美容 » 手術を必要としないプチ豊胸とは

手術を必要としないプチ豊胸とは

クリニックで受けることができる豊胸手術は色々なやり方があり、代表的なものはヒアルロン酸注入や、シリコンバックを入れる手術などです。多種多様な方法がありますが、中でもヒアルロン酸を注入する方法は、プチ豊胸として注目をされています。ヒアルロン酸を注入するだけのプチ豊胸は、メスを使わないので施術時間が少なく、体への負担もあまりありません。皮膚をメスで切らなければいけないような美容施術は回復にも時間がかかるため、どうしても大がかりな施術になります。プチ豊胸施術のいいところは、忙しい人や、仕事が詰まっている人でも、利用可能なところです。プチ豊胸術の利点として、施術料金がお安くなっているため、気軽に受けてみるということができることがあります。豊胸のために体の中に注入するヒアルロン酸は、元来体内で生成されている物質と同じものですので、体は異物と見なしません。バストのどこにヒアルロン酸を注入するかによって、胸の大きさだけでなく、形をコントロールすることができて、きれいなバストを目指せます。万一、仕上がりが満足できない場合は、溶解剤があるので、元の状態にすぐに戻すことができます。ヒアルロン酸注入による豊胸術には、永続性はありません。1年~3年くらいで、注入したヒアルロン酸は体内で分解されてしまいます。ヒアルロン酸の注入法は、劇的なバストアップを希望するよりも、自然なふくらみを求める人向きです。豊胸手術前のカウンセリングで、不明点を確認したり、希望をきちんと伝えておくことで、ヒアルロン酸注入によるプチ豊胸術がニーズに合致しているかがわかります。